太陽光のメリット

太陽光発電は原発と違い僕は是非とも世に広まって頂きたいものであり、自宅にも取り入れてほしいシステムの一つです。

その中でもメリットがあり、デメリットもある。

 

元のエネルギーが直接電力に変換できる

太陽光発電は他の発電方法と違い、低効率なものとして思われがちです。

それは発電方法の問題ではなく、技術的な問題が大半を占めるのではないですかね。

例えば火力発電。

火力発電は元のエネルギーとされる物を蒸気などに変えて、そのエネルギーで発電機を動かすといったシステムなので、最終的には元のエネルギー(火力)が失われてしまう事があります。

太陽光発電は火力発電と違い「光のエネルギー」すなわち太陽のエネルギーから直接電力を生み出します。

今後技術的な進歩によって、その効率が今以上に進歩すれば更に重要視されるはずです。

 

廃棄物やCO2が出ない

廃棄物やCO2。

これが出る事を好む人はいないはずです。

CO2が出ればオゾン層も破壊され、温暖化が今よりも進んでしまう。

廃棄物が出れば処理する事も良い事など一つもありません。

 

火力発電は排気ガスが大量に発生します。

原子力発電では核廃棄物が出る。

このようなリスクを冒してまで必要な事でしょうか?

水力発電、風力発電は地形によって左右されますが、太陽の光はどこにいても浴びる事ができます。

これからの時代は太陽光で間違いないはずです。

 

枯渇する事のないエネルギー

太陽の光を失う=地球滅亡

のはずです。

太陽が宇宙に存在する限りはそのエネルギーが枯渇する事がありません。

昼夜や天候、様々な条件はありますが、基本的に太陽の光は年中地球に降り注がれています。

 

メンテナンスが簡単に出来る

風力も火力も原子力もメンテナンスや修理などに多大な労力を費やすと言われています。

それに比べ太陽光は電池そのものの寿命が20年と言われておりかなり長いのです。

それだけでも他の発電方法と比べても頭一つ出ていますね。

 

 

他にもメリットは幾つも存在します。

それだけ太陽にはエネルギーがあり、利用できる部分が多いのですね。

 

デメリットとしては

・温度、発電環境、天候などによって大きく変動することがある。

・コストがかかる

など言われています。

 

コストに関しては抑える事も可能など方法は幾つもあります。

「元が取れるのか?」

と言う人もいますが、発電システムで儲けや元が取れるかどうかなどと言う考えは捨てた方が良いと思います。

「システムキッチン」などを導入する際に、元が取れるかどうかを考えず、便利か不便かと考える人の方が圧倒的に多いはずです。

電力システムに関しても同じ考えの方が良いのではないでしょうか。

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)